Read Article

幼稚園・保育園で友達がいない・できないで孤立!親の適切な対処の方法とは?

幼稚園・保育園で友達がいない・できないで孤立!親の適切な対処の方法とは?

 

幼稚園や保育園で友達がいない、と寂しそうに我が子に言われると、胸をえぐられるような悲しい気持ちになりますよね。

 

また、子供は気にしていない様子でも、いつもで一人でいると心配になってしまうものです。

園で子供に友達ができない場合、親はどうしてあげればよいのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

友達がいない理由と対処法

a0002_008174

友達がいない、できない理由として以下のことが考えられます。

 

①新学期でまだクラス全体が馴染めていない

 

新しい環境になったばかりでは、子供も自分の事で精一杯です。

進級児の場合でも、前のクラスで仲の良かった子と離れてしまうこともあり

 

ますし、長期の休み明けの場合でも、生活のリズムを取り戻す方が先になります。

 

ある程度の日数が経てば、次第に周囲へ目を向けてゆきますが、気持ちが落ち着くまでには個人差があります。

新学期開始から1、2ヶ月程度は、様子を見守りましょう。

 

②友達の必要性を感じていない

 

お子さんの性格による場合もありますし、成長に伴い次第に友達が欲しいと思うようになることもあります。

 

園で一人で過ごしていても、本人が気にせず楽しんでいるようであれば大丈夫です。

 

③話しかけるのが恥ずかしい、人見知りしてしまう

 

こちらもお子さんの性格によるところが大きいです。

ある程度時間が経てば、少しずつ解決しますが、本人のペースで行動してゆくしかありません。

 

無理に友達を作らせようと、プレッシャーをかけないようにしましょう。

一番もどかしいのは、お子さん自身です。

 

挨拶や、話しかけてくれたお友達には返事をしてみるように促し、それができたと報告があれば、たくさん褒めてあげてください。

 

④幼稚園へ通う事に対し、不安がある

a1390_000017

この場合は、友達を作るどころではないという状態です。

不安の原因がお母さんと離れることが嫌だという場合は、まず通園に慣れることを優先にしましょう。

 

お迎えの時や、近所に同じ幼稚園のお友達がいれば、積極的に交流してみてください。

 

一緒に登園したり、お母さんが幼稚園のお友達やそのお母さんを知っている事で、不安を取り除くことができるかもしれません。

 

そして降園後には、幼稚園に行けたことをまず褒めてあげてください。

 

スポンサードリンク

 

幼稚園でのことを詮索する必要はありませんが、もしお子さんが幼稚園の話をしてきたら、ゆっくり聞いてあげましょう。

 

また、友達に意地悪をされたことが不安の原因の場合は、先生に相談してみましょう。

この場合、我が子がイジメられた!と感情的にならないようにしてください。

 

相手の子もまだコミュニケーション能力が未熟な幼児です。

悪意があったのか、それともお子さんに話しかけたかったけれど、やり方が

 

ダメだったのかを、その場にいなかった親が判断することはできません。

ナーバスになっているお子さんが、相手の子に対して過剰に反応してしまった、という場合もあります。

 

今後、相手の子とお子さんが仲良くなる可能性は十分考えられます。

怖がる我が子を見て、胸が痛むと思いますが、冷静に相談し、先生を信頼して対処してもらうようにしましょう。

 

⑤友達は欲しいが、どう話しかけたらいいのか分からない

 

幼児のコミュニケーション能力の差は、個性もありますが、上の兄弟姉妹の有無など環境による影響や、月齢によるものもあります。

 

おしゃべりが好きで、自分の気持ちを表すのが上手な子もいますが、どう話しかけたら良いのか分からない子も当然います。

 

そのような場合はぜひ、お子さんと会話の基本を一緒に練習してみてください。

キャッチボールでコミュニケーション能力を高める遊びの方法です。

 

楽しみながら時間をかけて、お子さんの気持ちを聞いてみたりしてください。

 

 

➅感情を上手く表現できず暴力をふるってしまう

 

噛んだり、つねったり、叩いたりというようなことは、幼児期には日常茶飯事です。

ケンカをして仲直りしながら、社会で生きてゆく術を学んでゆきます。

 

ですが、日常的に暴力をふるっているのであれば、その原因の除去に努めましょう。

幼児が園で暴力をふるう場合、家庭では良い子の場合がほとんどです。

 

つまり、家庭の外で、ストレスを発散しています。

ストレスを除去していく事により、暴力は次第に減ってゆきます。

 

下の子が生まれたなどの家庭環境の変化があれば、お母さんはとても大変ですが、やはり上の子を特に構ってあげて安心させましょう。

 

特に環境の変化によるものでなければ、躾けが厳しすぎないか、または過干

渉や先回りして世話をし過ぎていないかなど、子供との接し方を見直してみてください。

a1180_001109

また、嫌な事をされた時に、どうしていいかわからず、暴力を振ってしまう場合もあります。

嫌な事をされたら、言葉で「やめて」と言うなどの対処法を具体的に教えるようにしましょう。

 

お母さんとのシミュレーションも効果的です。

また、困った事があれば先生に頼るように伝えましょう。

 

暴力をふるってお友達が泣いてしまった時点で、お子さんは悪いことをしてしまったと気がついています。

 

暴力をふるう事を叱るのではなく、なぜいけないのかを教えてください。

そして、謝ることができたときは、褒めてあげてください。

 

時間はかかりますが、原因を排除してゆけば、暴力をふるうことは無くなってゆきます。

 

幼児期の友達とは

 PAK85_kouendehashiruonnnanoko20141115141128500-thumb-autox600-5928

幼稚園や保育園は、こどもにとって、人生で初めての自由な出会いの場です。

 

家庭内の人間関係が中心の生活から、初めて他人と長い時間を共にし、社会で生きてゆくということを感じ始めます。

 

まだ、自分自身のことも、周りにどういう人達がいるのかもよく理解できていない時期です。

それでも、手探りで他人とつながっていこうと頑張っています。

 

お互いを理解しあえる友人を見つけるのは、まだまだ先のことです。

幼児の友人関係というは、児童や青年のものより柔軟で流動的です。

 

お子さんの自分の人生を切り開いてゆく力を信じて、今、お友達がいないとしても、まずは温かく見守ってあげてください。

 

友達がいない寂しさを感じているかもしれませんが、その経験も今後の糧となり、お子さんの人生をきっと豊かなものにしてくれることでしょう。

Return Top