Read Article

最近地震が多いのはなぜ?原因は?関東地方で特に多いが理由は?

最近地震が多いのはなぜ?原因は?関東地方で特に多いが理由は?

最近、毎日のように全国で地震のニュースを目にする気がします。

口永良部島では大きな噴火も起こったし、いよいよ大地震の前ぶれか・・・!?と、思わず心配になってしまいますよね。

気になったので、調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

最近、地震多くない?全国でこんなに地震が起きている!

 46

ここ数日だけを見てみても、M(マグニチュード)4以上の地震が多数発生しています。

いくつかピックアップしただけでもこの通りです。

 

  • 5/28 茨城県南部  M4.8 震度4
  • 5/30 小笠原諸島西方沖  M8.5 震度5強
  • 6/1 北海道東方沖 M4.3 震度1
  • 6/3 釧路地方北部 M4.0 震度3
  • 6/4 釧路地方中南部 M5.0 震度5弱
  • 6/5 紀伊水道 M4.2 震度2

 

5/29に口永良部島で起こった噴火についても、今後も大規模噴火が続く可能性があり、予断を許さない状況が続いています。

最近の地震の多さと噴火、いよいよ危機感を募らせる人も多いようです。

  

最近、特に関東で地震が多いと感じるのはなぜ?

 47

もともと日本は地震の多い国です。

日々どこかで地震が起きているといっても過言ではありません。

ただ、最近関東地方で地震がよく起きていると感じるのもたしかです。

 

その理由は、現在も東日本大震災の余震が続いていること、そして東日本大震災によって起きた地殻変動が地盤に影響し、小~中規模の地震を引き起こしているということです。

 

また、ここ数年で地震の観測網が整備され、今まで観測できなかったような小さな地震もキャッチできるようになったことも地震が多いと感じる理由と考えられます。

 

そして、現在日本列島で地盤の歪みが大きく蓄積しているのが関東房総半島沖と北海道南東沖です。

たしかに、ここ最近の地震情報を見ても合致していますよね。

 

スポンサードリンク

 

そもそも日本で地震が多い原因は?他の国はどうなの?

 

45

日本は地震の原因となるプレートがぶつかる場所の上に位置するために、地震がよく起こります。

マグニチュード6を越える地震は、実に10年間で200回近くも起きています

これは、世界中の大きな地震の約10~20%が日本で起きているという計算です。

 

また、世界の陸地面積の0.3%にも満たない小さな国土の日本ながら、全世界の活火山の7%を保有しています

火山活動によって起きる岩盤の破壊が地震の引き金にもなります。

この2つの環境が、地震を多く発生させるのです。

 

世界で見てみると、日本のような地震多発国は中国、インドネシア、イランなどが挙げられます。

スマトラ沖の大地震も記憶に新しいですね。

過去約20年をさかのぼってみると、マグニチュード5.5以上の地震の頻度は回数の多い順に

中国の2.1回、インドネシアの1.62回、イランの1.43回に次ぎ、日本は1.14回と世界第4位の地震多発国となっています。

 

日本で地震が多いのは今に始まったことではないとはいえ

遠くない将来に起きると言われているのが南海トラフ地震と首都圏直下型地震の2つです。

 

いざというときのために、備蓄物や避難経路の確保、家族との連絡手段など、自分たちでできる備えはしっかりしておくことが必要ですね。

Return Top