Read Article

忌引き休暇の日数は?親等で違う?有給なの?証明は申請する必要がある?

忌引き休暇の日数は?親等で違う?有給なの?証明は申請する必要がある?

 

訃報はある日突然やってきます。

 

親しい人との突然の別れに気持ちの整理をする間もなく、身内の場合であればやらなくてはならない事がたくさんあります。

 

そのために、まずは会社に報告し、忌引き休暇を取得しなくてはなりません。

しかし、日頃忌引き休暇を取る機会があるわけでもなく、初めての取得であれば分からない事もあります。

 

まずは、忌引き休暇とはどのようなものなのかを確認しましょう。

 

スポンサードリンク

 

忌引き休暇とは

 a0002_005726

親族等が亡くなった場合、その葬儀や喪に服すために取得する事ができる休暇です。

忌引き休暇の他に、特別休暇や慶弔休暇とも言われます。

 

有給休暇とは違い、労働基準法やその他の法律での規定はありません。

このため、各会社の就労規則等を確認しなくてはなりません。

 

忌引き休暇の日数や対象となる期間及び親族の範囲、有給か無給かについてもそれぞれの会社で異なりますので、注意が必要です。

 

一般的には、一親等(父母・配偶者・子供)で5日、二親等(祖父母・配偶者の父母・兄弟姉妹)で2日、遠縁の親族で1日という日数で規定を定めるところが多いようです。

 

また、忌引き休暇の不正取得を防ぐため、証明書の提出を求めている会社もあります。

 

その場合、通夜・告別式の葉書等を提出する事が多いようですが、葬祭業者による葬儀証明書の他、親族の死亡証明書等を求められる場合もあります。

 

何を提出するべきか、確認しましょう。

 

忌引き休暇を申請する時の注意

 

では、具体的にどのような点に注意をすればいいかみていきましょう。

基本的に忌引き休暇を申請するには以下の点に注意をしましょう。

 

  • 就労規則等で自分と故人の関係が対象になっているかを確認する。
  • 証明書が必要であれば準備する。
  • 遠方の親族であれば、移動に要する時間も忌引き休暇に含まれるか確認し、 含まれないのであれば、有給休暇も取得しなくてはならないでしょう。
  • 会社によっては規定で弔電や供花、香典を代表者名で送ることがあります。

 

このため、上司に故人との関係や喪主かどうかに加え、分かり次第、通夜と告別式の日時と場所を伝えましょう。

 

スポンサードリンク

 

忌引き休暇を取得した後

 a1180_015130

上司や同僚に感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

会社からの香典については、規定に基づくものであり、お返しは不要です。

 

ただ、気持ちとして、休憩時に皆で食べられるような菓子折りを持参しても良いでしょう。

個人的に香典を包んで下さった方へは、ご自宅へ香典返しを送ります。

 

会社でお渡しするのは、香典を包んでいない人もいる場合、マナーとしてよくありませんので、気を付けましょう。

 

忌引き休暇に纏わるトラブル

PAK57_hu-nsoredetoreikokunamanazasi-thumb-815xauto-15682

「忌引き休暇を申し出たら、上司に故人との関係や通夜や告別式の日程などあれこれ詮索された。

もしかして、嘘をついていると思われているのか・・・?」と不安になる人がいるようです。

 

先述しましたが、会社の規定で香典や弔電等を送るために、上司から確認されているだけですので、心配しないようにしましょう。

 

また、絶対に嘘をついて忌引き休暇を取得するのは止めましょう。

証拠が無いことや、あやふやな言動で嘘がすぐにばれてしまうものです。

 

周囲に嘘をついたことに加え、同情心まで踏みにじることになりますから、あなたの信頼を取り戻すことは、ほぼ不可能となります。

 

最悪の場合で懲戒免職になった事例もあります。

 

 

くれぐれも軽い気持ちで人の不幸を偽造しないようにしましょう。

 

 

Return Top