Read Article

学校をサボる方法!休む理由や言い訳2選

学校をサボる方法!休む理由や言い訳2選

学生時代は学校をサボりたいと思う時期があります。

誰にでも思う気持ちではないでしょうか。

 

私はサボったことはありませんが、サボりたいとよく思っていました。

サボるとしたらどうのような方法があるのか、サボる方法を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

学校をサボる方法1

a0027_002788

1つのサボる方法として、朝は普通に学校に行くように出て他の場所に行くという方法はどうでしょうか。

 

この方法をするためには、準備が必要です。

更に、この方法は簡単なように見えて後々厄介なことがあります。

まず、準備についてお伝えします。

 

制服のままだと警察や知り合いにあった時に呼び止められたりする可能性があるので私服を準備したり、ある程度のお金を持っていないといけなかったり、行く場所を決めておいた方がいいです。

 

また、外に出た時に自分で学校に連絡しなければいけません。

この方法の厄介なところとしては、その日の夕方などに学校から自宅へ連絡が来るかもしれません。

 

自分が出れば親にはバレないかもしれませんが、成績表など面談があった時に休んだことが言われる可能性があります。

 

その時に言える言い訳など考えておいた方がいいと思います。

ただ学校に行くように外に出るだけではバレやすく、怒られることを覚悟しなければいけません。

 

ですが、紹介した方法をすれば上手くいけばバレずに済むかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

学校をサボる方法2

PP_gekoucyuunojc-thumb-815xauto-12792

他の方法としては、仮病を使うことです。

 

この方法は、最初に紹介した方法とは違い、学校をサボりたいと親にも言い親から学校に連絡してもらえるので親公認のサボりが出来ます。

 

また、家でのんびりと過ごすことが出来ます。

 

ですが、この方法を使うためには親にサボることについて、なぜサボるのかなど理由をしっかり伝えて認めてもらわなければいけません。

 

親にサボることを認めてもらうためには、毎日の行動に気をつけ信頼ある行動をしなければいけないかもしれません。

 

親には仮病でサボると言わなくても頭痛がすると言ったり、風邪気味と言えば親にも仮病とバレずに休むことも出来ます。

 

これをするには演技力が必要で、学校を休めたとしても行動が制限されます。

サボれたからと外に出歩いてばかりでは、学校関係者に見つかる場合もあるので注意が必要です。

 

もしもサボるとするとこの仮病を使う方法の方が案杯かもしれません。

 

学校をサボる理由や言い訳

a1130_000078

学校をサボる人には人によってそれぞれの理由や言い訳があります。

では、どんな理由や言い訳があるのかを見ていきたいと思います。

 

理由や言い訳を調べて見ました。

 

  • 学校がめんどくさい

学校に行くこと自体がめんどくさいと感じる人がいるようです。

 

  • 人間関係が疲れる

友達関係や先生との関係など人間づきあいに疲れてしまうことがあります。

期間を決めて休み、1日は誰とも会わない日を作ることがあるようです。

 

  • 毎日学校生活に疲れる

平日だけでも学校に行き、勉強や人間関係に疲れてしまうようです。

このように学校生活や人間関係などに疲れると言う意見がありました。

 

基本的に平日しか学校はないとはいえ、真面目に学校に行っていると徐々に疲れてくる物です。

 

サボる本人も、何か月に1回とか1回休んだら何日までは頑張るなどサボるルールを決めている人が多く見られました。

 

本当は学校をサボることはいけないことです。

ですが、どうしてもサボりたいことは誰にだってあります。

 

サボりすぎには注意しましょう。

 

Return Top