Read Article

ゴールデンウィーク明けの挨拶の仕方は?メールでは?

ゴールデンウィーク明けの挨拶の仕方は?メールでは?

ビジネスの上において、挨拶はとても重要です。

特に若手であれば、上司や得意先、取引先にはキチンとした挨拶をしておいた方が良いですし、ビジネスマナーをしっかりと心得ているという好印象を与えることができます。

 

しかし、ゴールデンウィーク明けには一般的にどのような挨拶をしたら良いのでしょうか

あまり知られていることではないので、纏めてみました。

参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

ゴールデンウィーク明けの挨拶、どうする?

 

一般的に同じ会社の上司であれば、特別な挨拶は不要です。

企業全体で休みを取得しているのであれば、上司だって同じ休暇を取っているわけですから、普通に「おはようございます」で大丈夫です。

 

もしも企業全体で休みを取るということではなく、交代で休みを取得したのであれば、「お休みありがとうございました」の一言があると良いです。

上司が仕事をしている時に自分は休みだった、という時のみ、このような挨拶が必要になるかと思います。

 

そうではない場合、この挨拶は不適切ですし、嫌味に感じてしまう人もいるかもしれないので避けましょう。

いつも通り「おはようございます」で良いです。

 

ゴールデンウィーク明けというのは、普通の休みの日が明けた時と変わりがありません。

祝日の後の出勤になるので、あまり深く考える必要はありませんし、いつも通りで良いのです。

 

極端な話ですと、日曜日休みで翌日出勤をした時と変わらないのです。

月曜日の挨拶と同じ感覚で問題はありません。

逆に変に気を使わないほうが自然なのです。

 

スポンサードリンク

 

ゴールデンウィーク明けでは、メールにどんな挨拶を書けばいい?

 

社内の挨拶と社外の挨拶では少し異なります。

社外の人にメールでゴールデンウィーク明けに挨拶をする場合、

 

緑に包まれた清々しい季節を迎え

心が弾むこの頃です。

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

 

程度に済ませておくと良いでしょう。

少しかしこまった相手にメールを出す際に使うと良いです。

 

しかし取引先でも比較的フランクな関係であれば、いつも通りのメールで構いません。

時候の挨拶を少し入れるというのも良いでしょう。

文例に関してはオンラインでも掲載されているので、参考にしてみると良いです。

 

またあいさつ文を入れた場合、結びの言葉を入れ忘れないように注意をしなければいけません。

そこにプラスをして結語も付ける必要があるのです。

ですからちょっとややこしくもなります。

時候の挨拶だけではなく、キチンとした形式の文章を作成しなければいけないのです。

 

挨拶はビジネスマナーとしてとても大事なので、しっかりと覚えておきたいものですね。

Return Top