Read Article

家の中にいる黒い虫の正体は?大量発生している場合の対処法も解説!

家の中にいる黒い虫の正体は?大量発生している場合の対処法も解説!

日常生活において、家の中で虫を見かけるということは多いですよね。

正直なところあまり遭遇したくない虫。そして彼らの色はたいてい黒です。

 

どれも黒いため、よくわからないということもあるでしょう。この記事では、黒い虫を見かけたときのためにそれは何であるか、害はあるのかなどを解説していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

黒くて大きいかつ飛ぶ、細長く触覚の長い虫はゴキブリ

 

ebb12b66caea41e113df1653255b53fe_s

家の中で見かけたくない虫ナンバーワンでもあり、非常に難儀な敵がこのゴキブリです。実物は地方によっては見たことがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、どういう見た目か知らないという方はまずいらっしゃらないのではないでしょうか。

古くは「がんばれロボコン」や「燃えろロボコン」に登場したロボコンが、ゴキブリを見てあまりの恐怖に大暴れしてしまうという展開が番組内で毎回のようにありましたよね。

 

ゴキブリは這っているのが基本ですが、突然飛びます。飛び方は不安定で、変な方向に飛んでいくことが多いのも実に不気味です。

ゴキブリは、直接人間を攻撃してくることは、よほど命の危機を感じてどうしようもなくなったとき以外にはありません。また、せいぜい体当たりしてくる程度です。

 

しかし、それほど害がないからといって放置しておくのも厳しいものがありますよね。

何しろサイズが大きい(3~4センチくらいの場合がある)ので目に付きますし、寝ている間に自分の上を這うなどされたら非常にきついです。

 

ゴキブリを退治するアイテムはたくさんあります。全国のドラッグストアやホームセンターなどで、入手が可能でしょう。

例えばスプレーや、ゴキブリホイホイといった道具があります。しかし、なかなかこういったもので退治できるとは限りません。最終的には、新聞紙を丸めて叩いた方が速い場合もあります。

 

しかし、新聞紙がない場合もありますよね。ゴキブリが出たときに備えて、ハエたたきなどを用意しておくと良いでしょう。

筆者の場合は、弱い電流が流れるハエたたきで床に落ちたゴキブリを叩き、そのまま動けない状態で電流を流すことで退治しました。

 

ゴキブリはいくら駆除しても、部屋が汚れていると発生してしまいます。場合によっては大量発生してしまうこともありますので、見つけ次第殲滅しなければいけません。

スポンサードリンク

 

黒くて足がたくさんある、細長いタイプの虫はムカデ

 

3a17fbd28231548505f4bffabf77ab8c_s

百足とかいて、ムカデと読みます。足がたくさんあり、うねうね動いているのがムカデです。ムカデも非常にグロテスクな見た目をしているので、家で見かけると地獄のように思えます

ムカデは、こちらから触るなどの「攻撃」をしない限りは、危害を加えてくることはありません。しかし反対に言えば、ムカデは、「危害を加えられた」と判断すると人間でも咬みます。

 

咬まれると非常に痛いため、ムカデを見かけても絶対に素手で触らないようにしましょう。刺されてしまったら、冷やさずにお湯であたためなければいけないという特徴があります。しかも、温度は43度以上と非常に熱い状態でなければいけません。

ゴキブリや蜘蛛が出やすい家だと、それをエサとするムカデも発生しやすい傾向にあります。

 

ムカデの駆除の方法も、やはりスプレーなどの市販品となります。

 

小さく、部屋の壁を歩いている虫はハエトリグモ

 

9d49d82335dfe569b407e34171438ffb_s

黒く小さな虫が、部屋の壁などをうろうろしている。たまにジャンプして目の前に飛んできてびっくりしたという経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

この虫は、ハエトリグモです。ダニやハエ、ゴキブリの子供といった小さな虫をエサとしているため、やはり少々汚い部屋に発生しやすい生き物です。

 

ハエトリグモは、外で見かけるクモと違って小さく、巣も作らないという特徴があります。

ゴキブリやムカデは退治した方が良いですが、このハエトリグモはどうしてもクモが嫌いで仕方がないという場合でなければそっとしておいたほうが良いでしょう。

 

刺したりもしないためまったく人間にとって害がなく、むしろ益虫であるうえにサイズも小さいため、退治する意味がありません。

退治してしまうと、結果的にハエなどの害虫が増えることになります。たしかにいきなりジャンプして目の前に現れるとびっくりしますが、1センチ程度ですのでゴキブリほど不快ではありませんよね。

 

むしろ共存するくらいの勢いで、大事にすることをおすすめします。どうしても出て行ってもらいたい場合も殺さずに、そっとティッシュに包んで窓などから外に出してあげてください。

コバエは水回りに発生しやすい

 

2bdd4851bab2d57f3eaa5a051e453f3c_s

夏、流し台の近くにやたらハエが発生するということがあるのではないでしょうか。下水道から上がってきたコバエです。

コバエは非常に面倒ですよね。刺してくることはありませんが、いると不衛生ですので駆除する必要がありますが、出てきたものを退治していても何度もまた発生してくるためキリがありません。

 

コバエは、めんつゆに洗剤を数滴たらしたものを容器に入れておけばその中にどんどん落ちていきます。発生しやすい場所に、置いておくと良いでしょう。これならば、手間がかかりませんね。

Return Top