Read Article

旅行先で風邪や体調不良になったときの5つの対処法!

旅行先で風邪や体調不良になったときの5つの対処法!

 

旅行というものは、とても楽しいものです。しかし、羽目を外しすぎたり気分が盛り上がりすぎたりしてしまう結果、体調不良を起こしてしまうこともありますよね。

そんないざという時に備えて、対処法をあらかじめ知っておくと安心です。

 

この記事では、旅行先という状況で体調不良になったときのための対処法をいくつか紹介します。

 

スポンサードリンク

 

事前に薬を用意しておき、それを服用する

8e94239aace699870de22554a9681536_s

泊まりがけの旅行の際は、急激な体調の悪化に備えて風邪薬や湿布を用意しておくことをおすすめします。

例えば、ロキソニンは効果的です。腰や膝が痛いときに加えて、頭痛や発熱と言った症状にも効き目があります。ただし、腹痛には効きません。

 

腹痛を起こす可能性があるような旅行に行くのであれば、胃薬であるガスターを用意しておきましょう。

自然のあふれる環境に旅行に行くのであれば、花粉などでくしゃみや鼻水が止まらなくなってしまう恐れがあります。目薬や鼻炎用の薬を持っていきましょう。

 

山登りなど歩くことが多い旅行に向かう際は、湿布を持っていくことをおすすめします。泊まりがけで行く場合は、翌日の筋肉痛を避けたいものです。

食べ過ぎで体調不良が怒ってしまうこともありますので、たくさん食べるような旅行に行くのであれば胃薬も用意すると良いでしょう。

 

また、乗り物酔いをする方は行きのバスや新幹線で体調を崩してしまうかもしれません。酔い止めの薬やエチケット袋は必ず用意して旅に出かけましょう。

 

備えあれば憂いなしということで、薬などを持っていくことは大事です。旅行先では薬を購入できないかもしれませんし、薬ならばそれほどカバンなどのスペースを取ることはありません。

 

薬を飲んで休めば、体調不良は回復できるでしょう。しかしもしもこれで回復しなかった場合は、病院に行って診察してもらうことをおすすめします。

 

すぐに病院に行って診察を受ける

bfd12074012fa5b2c8d2402ba58c868e_s

無理をして旅行を続けると、病状は余計に悪化してしまうでしょう。そして何よりも、体調不良の中をそのまま旅行しても、まったく楽しめません。

病院のあるような場所を旅行しているのであれば、病院に行くことをおすすめします。

 

もしも病院が周りになく病状が悪いのであれば早めに帰路につき、病院へ行きましょう。

よほど具合が悪いのであればホテルなどに連絡して、救急車を呼んでもらうのも手です。

 

ウイルスによる病気の場合は、一緒に旅行している人がいるのであればその人たちにうつしてしまう恐れもあります。

旅行は生きていれば何度でも行くことができますので、今回迷惑をかけてしまうのは辛いかもしれませんが、正直に周りに話しましょう。

 

ホテルや旅館で休む

95d7f95ed192393f124b926cfe60ad93_s

病院に行くほどの病状ではないという場合は、ホテルや旅館で休みましょう。休んでいれば、1日程度で回復するかもしれません。

体を横にしていれば、徐々に体調は回復していくでしょう。せっかく旅行に来たのに寝ているだけというのは辛いものですが、ここで無理をしてはいけません。

 

1日休んでもまったく回復の兆しがないのであれば、病院に行くことをおすすめします。

明らかに症状が重くなってしまう前の段階、つまり旅行していて疲れを感じたら、その日は早めに休むことをおすすめします。

 

疲れが溜まっていくことで体調不良が引き起こされてしまうことはよくありますので、翌日にまで疲れを持ち越さないように心がけることは大事です。

 

スポンサードリンク

 

自宅に帰って休む

46ab15aec6411bfa8d6a12e12726225d_s

とくに決まった計画もなく、ひとりで旅行に来ているのであれば、そのまま自宅に戻って休むことがおすすめです。

例えば新幹線で来ているのであれば、帰りの切符を購入するか、事前に用意しているのであれば変更してもらえばすぐに帰れます。飛行機でも同様です。

 

ただし外国や新幹線でも半日以上かかるような場所にいる場合はすぐに帰宅するのは厳しいかもしれません。その場合は近くの病院に行ってみることをおすすめします。

 

夜行バスなどの高速バスで数時間~十数時間かけて旅行に来たという場合は、帰りもバスですと余計に体調が悪くなってしまうかもしれませんので、もっと早く帰れる手段に変更することをおすすめします。

 

そもそも、その場合は体調不良の原因が行きのバスかもしれません。

 

休憩する

209b4ba5dbb88826d9ca551f51dd28f5_s

ちょっと疲れてきたという程度の体調不良で、なおかつ旅館などから遠く離れた場所にいるという場合。その場合は、休憩がおすすめです。

水分補給をし、空腹であれば食事もしましょう。一息つけば、疲労は回復してそのまま無事に旅を続けられるかもしれません。

 

休憩をしてもダメだった場合は、旅館に早めに戻ったり病院に行ったりというこれまでに挙げてきた手段を用いてみましょう。

それなりの都会に来ているのであれば、たくさんある喫茶店で休むと気分転換になります。最近の喫茶店にはWifiが常備されているところも多いので、休みながら次に行くスポットをチェックしてみてはいかがでしょうか。

Return Top