Read Article

扁桃腺炎の治るまでの期間!治らないが自然治癒はする?治し方は?

扁桃腺炎の治るまでの期間!治らないが自然治癒はする?治し方は?

のどがヒリヒリ。

唾を飲み込むのも痛い・・・。

 

そこにきて、高熱、頭痛、関節痛などもよく一緒に起きてしまう、それが扁桃腺炎(扁桃炎)と呼ばれる病気です。

子どもがよくなる病気ですが、大人も抵抗力が弱っていると感染ります。

 

原因はウイルスや細菌ですが、今回はこの扁桃腺炎についてのお話。

 

スポンサードリンク

 

扁桃腺炎はどれくらいで治るの?

126

病院に行って薬をもらえば、通常2~3日でだいぶマシになります。

特に細菌が原因の場合は、抗生物質がよく効くので、2日もあれば登校・出勤できるような体調になることもしばしばです。

 

扁桃腺炎は、放っておいても自然治癒してくれる?

125

患者本人の体力次第ですが、若い人で特に持病のない人であれば、通常は自然治癒します

喉が痛いため、なかなか食べ物を摂ることが難しく、油断するとひどくなって肺炎などを起こす場合もあるため、痛くてもしっかり栄養だけはとるようにしましょう。

 

比較的軽症の扁桃腺炎なら、病院に行かずに自然治癒に任せる方法もよいですが、

 

  • 痛くて食べることができない
  • 喉の腫れがひどい(顎のラインの下を触ったときに明らかに普段より腫脹している)
  • 腫れた扁桃に白いもの(膿栓)がついている
  • 38.5度を超える熱
  • 耳だれがでる

などの場合は病院を受診した方がよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

扁桃腺炎を早く治したい!

124

扁桃は、上気道における免疫の拠点とも言うべき場所です。

しかし、逆に言えば出城のように、ウイルスや細菌の襲撃を受けやすい場所、と言うこともできます。

 

満船扁桃腺炎の場合

 

子どもがかかりやすい、と上述しましたが、その要因の一つが、扁桃そのものの変化です。

扁桃は2~3歳くらいから発達し、学童期にもっともよく発達し、その後少し小さくなります。

 

ですが、人によっては扁桃が大きいままの場合、或いは生まれつき扁桃が他人より大きい場合もあります。

その場合、扁桃が炎症を起こしやすくなり、一年に何回も扁桃腺炎を患うこともあります。

 

この状態を慢性扁桃腺炎と呼び、対処方法として手術で扁桃を取ってしまう、という選択肢もあります。

扁桃の働きを考えれば、そう簡単にホイホイ取ってしまってよいものではありませんが、あまりにひどい場合はこういった選択肢もある、ということです。

 

慢性扁桃腺炎についてはこちらもご参考下さい↓

急性扁桃腺炎の場合

 

慢性扁桃腺炎、というのに対し、急性扁桃腺炎と呼称されるのが、いわゆる扁桃腺炎のことです。

さて、慢性扁桃腺炎の項目でも「大きいと炎症を起こしやすい」と書きました。

 

扁桃が炎症を起こして腫れる、というのはつまり、扁桃が大きく腫れ上がる、ということです。

つまり、炎症が起きかけている状態=少し扁桃が大きくなっている状態のときは、更に炎症を起こしやすくなるのです。

 

(理屈としては、大きくなると粘膜の表面積が増え、また気道にせり出してくるため、乾燥を起こしやすい、乾燥は粘膜の防御力を落とし、病原体が繁殖しやすくなる・・ということになります)

 

そこで、炎症が起きかけているときに、炎症を止める薬(鎮痛消炎薬)を飲むのが効果的です。

但し、鎮痛消炎薬の多くは胃に負担をかけます

 

炎症の起きかけくらいであれば、痛みはひどくないはずですので、きつい薬は避けましょう。

無難なのは、アセトアミノフェン(病院ではカロナール、という薬で処方されることが多いです)を主成分とした薬がよいでしょう。

 

医師の処方箋がなくても、普通の薬局で買える薬なので、薬剤師さんに「アセトアミノフェンの薬をください」といえば教えてくれるでしょう。

 

扁桃腺炎の予防

123

そもそも予防できれば一番ですよね。

今扁桃腺炎で苦しんでいる方は、再びかからないようにするためにも、予防方法を押さえておきましょう。

 

まずは風邪予防の基本、手洗いうがいです。

扁桃腺炎の原因はウイルス、細菌などである、と上述しましたが、それらの侵入を防ぐのに有効な手段です。

 

さらに、睡眠・栄養(特にビタミンC)をしっかりとって免疫力を落とさないこと。

そして、扁桃腺炎にかなり有効なのが、マスクの着用です。

 

マスクは、飛沫感染を防ぐ意味もありますが、扁桃腺炎予防の観点から見ると、一番の効果は「喉の保湿」です。

特に寝ている間は唾液の分泌量も減り、非常に喉が乾燥しやすい(朝起きたら喉がガラガラだった・・・なんて経験、皆さんにもありませんか?)ため、睡眠時にマスクをつけることをオススメします。

 

Return Top