Read Article

喉に白いできもの!痛いしブツブツしてる!正体は?原因は一体何?

喉に白いできもの!痛いしブツブツしてる!正体は?原因は一体何?

 

なんとなく喉に違和感を感じて鏡で見てみると、白いできものができていることがあります。

 

痛い場合と痛くない場合があり、その原因もさまざまです。

やっかいな喉のできものについて、みていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

ギャー!喉に白いできものが

 m002-110

喉の奥のブツブツしたできものは、痛みの有無や場所によっても原因が変わってきます。

以下の通りご説明します。

 

痛みはない(違和感を感じる程度)

 

疲れがたまっていてリンパが腫れているこ時にもよく起こります。

または、最近話題の膿栓(のうせん)「通称:臭(くさ)い玉」の可能性もあります。

 

これは喉の奥、扁桃腺近くにできることが多く、1mmから数センチサイズまで様々です。

 

扁桃腺の周囲の粘膜には、いくつか穴があり、そこに白血球や細菌の死骸、食べかすなどが混ざって出きるといわれています。

 

その臭いは強烈で、口臭に悩む人の多くが喉に膿栓をたくさん抱えています。

また、虫歯やストレス、口呼吸によってのどが乾燥している人にも多い症状のようです。

 

痛いとき

 

喉は空気や食べもの、飲み物、空気中の物質などいろんなものを通すため、常に感染のリスクにさらされています。

 

喉に食べ物やホコリがたまった時に、痛いできものができます。

白くて痛いできものに一番多いのは口内炎です。

または、扁桃腺炎が原因と考えられます。

 

免疫の低下やウイルス感染、物理的刺激など、さまざまな原因で発症し、化膿して膿がたまった状態です。

 

このほか、ポリープができていることもあります。

喉のできものが悪化すると、腎臓の病気を引き起こすこともあり、症状がひどいときは注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

治りにくいときは病院へ

 m015-355

喉のできものといっても、いろんなケースがあるようですね。

 

さらに、喉は常に食事をして刺激を受ける器官なので、一度できたできものは治りにくいというのがやっかいなところです。

 

数ミリ程度の軽い場合でも1週間ぐらいは症状が続きます。

 

ただし、何週間も症状が改善しないときや、できものが一気に増えたとき、発熱を伴うようなときは耳鼻科、もしくは耳鼻咽喉科にいきましょう。

 

喉のできものの治し方

 

まずは、 塩やイソジンでしっかりうがいをすることが重要です。

 

のどの乾燥を避けるために、水分をしっかりと取り、免疫を高めるために十分な睡眠、栄養も必要です。

 

扁桃腺炎などで熱や腫れをもっているときは、抗生物質が有効ですので、病院に行って処方してもらいましょう。

 

また、口内炎の場合は、「ケナログ」といったステロイド系の軟膏がよく効きますし、保険外ではありますがレーザー治療出切除することも可能です。

 

膿栓(臭い玉)を取りたい!

m015-312

さきほどご説明した「膿栓」の対策について、最後にご説明します。

場所が場所だけに取るのが難しいですが、いくつかコツがあります。

 

膿栓自体に届けば軽い刺激で取れますので、取れそうなときは綿棒でこすればOKです。

他には、お風呂に入ったときに強めのシャワーを喉の奥めがけてかけるのもポピュラーな方法です。

 

それでも取りきれない膿栓には、イソジンうがいが有効だそうです。

 

やりすぎると喉の粘膜を傷つけてしまうこともあるので、とりにくい場合は深入りせずに耳鼻咽喉科に行って取ってもらいましょう。

 

膿栓除去は保険も適用されますのでご安心ください。

 喉にできものができると、食事をするのも大変ですよね。

 

とにかくうがいと水分補給は徹底しましょう。

早く治したいならやはり病院で見てもらうのが有効です。

Return Top